東京の葬儀で知っておきたい基礎知識

葬式には葬儀社の手助けが必要になってきます。よい葬式、告別式が東京で営めるか否かは、業者選びにかかっています。故人の遺志を尊重しながら優先基準や考え方をはっきりさせ、複数の葬儀社を比較検討して選ぶことが大切になってきます。業者には宗教者と相談して葬式告別式の日程が決まってから依頼するのが理想的ですが、ケースバイケースで、対応していってください。料金についてはとかくトラブルになりがちになっています。必ず見積もりを取ると同時に、予算を含めて単刀直入にやり取りをすることが大切になってきます。とはいっても身内の死に気が動転しているときですから、業者との打ち合わせには親戚などの第三者に立ち会ってもらうことで一つの考えにとらわれないように、話し合いを進めていってください。

トラブルがよくある葬儀告別式の料金

業者の比較ポイントは料金、サービス、形式です。優先基準に沿いながらこの三つの項目を検討します。特に料金についてよくあるトラブルは葬式、告別式を進める途中で急きょ追加したオプションで、予算を大きく上回ったというものです。葬式、告別式費用に余裕がないときや故人の遺言などで予算額が決まっているときは、その旨を業者にはっきりと伝えるようにしてください。最近ではあらかじめ業者が見積もりを提出して、喪家と相談して料金を決定するケースが増えてきています。見積書の一つ一つの項目とその料金を検討すると同時に、急な追加に備えてオプション価格表を把握しておくことが大切です。業者の料金は基本セットとオプションで構成されています。この料金の合計は150万から200万円といわれています。

東京周辺は費用が割と高めになっています

故人が葬儀、告別式費用を残していたり故人の遺志で金額が示されていたりする場合は、それを優先させるべきです。しかし遺族の負担が大きいようであれば、実情に合わせるのは必然のことです。葬式、告別式には思わぬ出費が生じてきますので、予算には余裕を持たせることが大切になってきます。ある統計によれば葬式、告別式にかかった総費用の平均額は約300万円で、このうち業者への支払いが約180万円、宗教者への支払いが約65万円、飲食接待費用が約40万円でした。しかし総費用100万円以下が全体の半数以上を占めるという統計もあり、200万円程度が一般的な総費用と考えられます。地域差もかなりあって、総費用は東京周辺と名古屋を含む中部地方ではやや高めで、北海道や東北では簡素にする傾向が見られます。宗教者への支払いにお金をかけているのは、東京周辺です。